天幕ほしぞら

旅を写真で綴るブログ

『コーステアリング』って何?山陰海岸ジオパークで新しいアクティビティを楽しんできた

山陰海岸ジオパークの夕景

 

 

初めて、コーステアリングをしてきました。

場所は、美しい海と海岸線で有名な『山陰海岸ジオパーク』。

 

コーステアリングとは、あまり聞き慣れないかもしれませんが、海岸線を歩くスポーツです。海岸線を歩くといっても、砂浜を散歩するのとはちょっと違います。

今回は、イギリス発祥の比較的新しいスポーツを紹介したいと思います。

 

 

コーステアリングとは?

コーステアリングツアー

洞窟をくぐってその先は……

 

山陰の海で、コーステアリングをしてきた。

コーステアリングとはあまり聞き慣れないかもしれないが、「海岸線を歩く」スポーツのこと。

「海岸線を歩く」といっても、美しい海岸線をのんびりと散歩するようなものではない。その逆で、普通は歩かないような磯のゴツゴツした岩場を歩いていく。

 

岩をよじ登ったり、しがみついてカニ歩きで水平移動したりするところは「ボルダリング」に似ている。岩に登ると、次の岩まで1mほどぽっかりと間が空いていることがあって、そんなときは岩から岩へとジャンプする。

目の前に大きな岩が立ちはだかることもしょっちゅうある。ここでは思いきって海に「ドブンっ」とダイブ。打ち寄せる波に逆らいながら、クロールで泳いで難所を越えていく。

 

これが子供の頃に戻ったみたいですごく面白い。

どうやって難所を越えていくのか考え、自分の技量と照らし合わせ、自由なルートを描いて突き進んでいく。

そこにはヒヤヒヤ、ドキドキのアスレチック的な要素が満載。それがコーステアリングというスポーツなのだ。

 

コーステアリングの装備

淀の洞門

淀の洞門

装備は至ってシンプルだ。

上からヘルメット、ウェットスーツ、ライフジャケット、靴、グローブという「いで立ち」。グローブの形状は少し変わっていて、指の間に「水掻き」がついている。このカエルのような水掻きは、海を泳ぐときの強力なウェポンになる。

 

どうでもいいことだけど、そのファッションは、あまりカッコイイとはいえない(笑)

黒タイツのモジモジ君のようだし、手を上げで指を広げたらカッパのようにも見える(見たことはないけど)。

今回はガイドさんを入れて3人のパーティ。このモジモジファッションで“きめた”中年3人が、ニヤニヤしながら岩場を歩いているのは、傍から見たらかなり怪しかったかもしれない……

 

山陰海岸ジオパーク

はさかり岩

はさかり岩

 

今回のコーステアリングを行った場所は、『山陰海岸ジオパーク』。

山陰は多様な海岸地形と透明度の高い海が特徴的だ。

コーステアリングでは、そんな磯ならではの楽しみもある。たとえば、岸からは近づくことができない海岸洞窟を探検したり、ウニやカメノテなどの海辺の生き物を間近で見たり。

この海岸は京丹後市から鳥取市まで、東西約120kmも続いている。山陰はやっぱりすごい。

 

上の写真は『はさかり岩』。上から落下した岩塊がはさまっているのだけど、この地方では「はさまる」ことを「はさかる」というとか。僕らはこのはさかった岩の下を泳いできた。

 

山陰海岸ジオパークの砂浜

ツアーが始まる前。ひとりでお昼ごはんを食べた海岸。

日本海側の海は静かで美しい。

 

山陰海岸ジオパーク

山陰海岸ジオパークの最大の特徴は、約2,500万年前にさかのぼる日本海形成に関わる火成岩類や地層、日本海の海面変動や地殻変動によって形成されたリアス海岸や砂丘をはじめとする多彩な海岸地形など、貴重な地形・地質遺産を数多く観察できることです。

引用元:山陰海岸ジオパークとは

 

コーステアリングの感想

コーステアリングツアー

青いなんとか……(名前を忘れた)

 

人気のない海岸の岩を登り、泳いで突き進んでいく。

この先の複雑な海岸地形を予測しながらルートを考え、体一つで海の難所を越えていく。

単純で簡単。そのシンプルさがいいなと思った。

 

先に「子どもの頃に戻ったみたい」と書いたけど、子どもの頃だってこんな冒険はしたことがないかもしれない。

僕のような40代のオッサンでも、心の奥底にはまだ冒険心があるはず。誰も来ない磯で、弾けて遊びたい大人におすすめしたい。

 

余談だけど、今回は珍しく体の調子が良くなかった。ツアーが終わって家に帰りつくまで気分が悪かったので「おかしいな~」と思っていたら、海に「酔った」のだと気付いた(笑)

海に飛び込んだり、ぷかぷか浮いていただけで酔うとは……(僕は子どもの頃から激しく車酔いするタイプだから、カヤックのときもたまに酔う。)

次は、酔い止めを持って行こう……

 

 

旅仲間募集

僕には、いつかチャレンジしたいと思っている「海の旅」があります。その旅ではコーステアリングの経験が必要なので何度か練習したいと思っています。もし、一緒にやってみたいという方がいたらご連絡ください。楽しかったですよ。

 

 ↓自己紹介とメールはこちらです

(9月28日)