天幕ほしぞら

旅を写真で綴るブログ

「関西でカヤックデビュー」におすすめの川 和歌山県古座川

古座川とカヤック

 

 

和歌山県南部の清流、古座川をカヤックで下ってきました。

古座川は初心者でもチャレンジしやすい川です。レンタルカヌーもありますし、カヤッカーの悩みどころであるカヌーの運搬もカヌータクシーが解決してくれます。

今回は一人のカヤック行を簡単に紹介したいと思います。

 

 

古座川をファルトボートで下る方法

10月の初めに、和歌山の古座川をカヤックで下ってきた。

夏から秋へ移り変わるこの季節は、暑すぎないし、水温も冷たくなる前の時期。当日は快晴で、絶好のカヤック日和になった。

 

フネはフジタカヌーの『アルピナ2-460』を持っていった。このファルトボートは2人艇だけど、シートをアレンジすると1人艇として使うこともできる。

 

僕はカヌーツアーにしか参加したことがなく、川を一人で下るのは初めての経験だった。

一人で下るときの問題点は、車の回送だ。

今回は、車を「一枚岩」に置いてスタートした。そして、ゴール地点の「ぼたん荘」にカヤックを放置し、コミュニティバスで車へ戻る計画を立てた。

 

 

古座川町ふるさとバス 古座川町ふるさとバス時刻表

 

 

古座川をカヤックで下るときの注意点

古座川は清流として知られている。

しかし、上流にダムがあるせいか、思ったよりも水質は良くなかった。

途中から古座川支流の小川が合流すると、川の色が明らかに変わった。小川にはダムがないので水質が良いのだ。

 

初心者は「瀬」がどれだけあるのかが気になるところ……

一応、前日に道路から川を眺めて、下る区間の様子をチェックした。すると、瀬は定期的にあり、川の流れも早く感じたので不安になった。

しかし、実際に漕ぎ出してみるとその不安は杞憂だった。マップ(※)の指示通りにコース取りすれば、危険を感じることはほとんどなく、気持ちよく越えることができた。

 

難しかったのは、鮎師が竿を出していたことだ。一応鮎師が遠くに見えたら停まって声をかけてみたが、竿をあげてくれる人がいなかったのが残念だった。

また、川を横切る竹の障害物があるのも避けなければならない。白い布がついている竹の間を通り抜けるのが古座川のルールだそうだ。

 

カヤックに荷物を詰み込む

 

カヤックデビューにもおすすめ

関西でカヤックデビューをするなら、古座川はおすすめだ。

古座観光協会では、初めての人向けにはインストラクター付きの「カヌー体験コース(有料)」を提供しているし、慣れてきたらレンタルカヌーをすることもできる。

カヤックの一番悩ましい問題はカヤックの運搬だけれど、カヌータクシーがあるので利用しやすい。

他にも、ウェブサイトには、川のマップやルール等が載っているなど至れり尽くせり。

 

もし、古座川へ行ってみようと思った人がいたら協会のHPを必ず参照したい。時期によってカヤックで下っていい区間が決められているからだ。

僕が期待し過ぎていただけで、古座川が美しい川なのは間違いない。初めての人にとっては、楽しいカヤック体験になると思う。

 

 

古座観光協会 古座観光協会

 

 

(※)川下り用のマップは古座観光協会のHPで閲覧できる。僕はこれをプリントアウトして利用した。

(10月6日)