天幕ほしぞら

旅を写真で綴るブログ

夏の四国は、「海」「山」「川」のアウトドア天国!

瀬戸内海でシーカヤック

 

 

9月の最初の3連休は、関西圏からもアクセスしやすい四国へ行ってきました。

 

僕は30代になるまで関東に住んでいたのですが、その頃の四国の印象は「何もないところ」でした。四国は遠いし、関心が低かったので、一生行くこともないだろうなと思っていたぐらいです。すいません。

でも四国遍路で1200キロを歩くことになり、50日間滞在してからは、四国の大ファンになりました。温暖な気候、美しい海、大きな空、温かい人たち……。

 

9月の3連休は、そんな四国の「海」「山」「川」で遊んできました。

 

 

1日目は、「瀬戸内海でシーカヤック」

瀬戸内海でシーカヤック

 

1日目はシーカヤックのツアーに参加し、東かがわの海を漕いできました。

 

天気は晴れ。

午前中は沖合いの島を目指しました。

「しばらくカヤックを漕いで沖合いに出たら、2、3分おきに後ろを振り返って、現在地を確認してください。」

出発した浜の位置が真後ろにあればまっすぐ進んでいますが、違う方向にあれば潮に流されていることがわかるという塩梅です。

今回の参加者は、常連さんと初心者の僕でしたが、ガイドさんは親切にもレクチャーしながら漕いでくれました。

人間は海という大自然のなかではあまりにも無力です。

シーカヤックでは天候や潮の流れなど気を遣う場面が多いので、こうしたレクチャーは非常に勉強になります。

 

午後は、岸と平行に漕ぎ進みました。

カヤックの良さは海からでしか近づけないような浜に上陸したり、海から岸の風景を見たりできることです。9月なのでまだ日差しも強く、海水もぬるい時期。浜で休憩したときは海に飛び込んで気持ちがよかったです。

 

面白かったのは、トビウオの赤ちゃんを見れたこと。カヤックと平行してトビウオの赤ちゃんが泳いでいたのですが、水面の上を本当にびゅーんと「飛ぶ」のがすごかった。

 

僕は人付き合いが苦手なので、こういうツアーは尻込みしてしまいます。雑談が続かずに一人だけ浮いてしまうのは毎度のことですが、最近は少しずつ人慣れしてきた気がします。

もう若くないので体が動くのはあとわずか。臆せずに参加していきたいと思っています。

 

2日目は、「剣山を日帰り登山」

2日目は「山」。

四国には日本百名山が二つあります。そのうちのひとつ、剣山に登ってきました。

これは写真があるので別記事にしたいと思います。

 

剣山のハイカー

 

3日目は、「吉野川で激流ラフティング」

初めてラフティングに挑戦しました。

正直言って、ラフティングにはまったく興味はありませんでした。

だって、皆でゴムボートに乗ってわーって下るのはあまり冒険心は動かないですよね。

でも、想像していたのよりも断然面白かったです。

 

まあ、でもオッサン一人参加の場違い感はすごかった(笑)

参加者は母娘を除いて、10~20代の若者ばかり。今回のようなツアーのイベントに限らず、何かの集まりで最年長者になったのは初めてでした。後で若い人たちに集合写真を見たら、本気でガッカリ。こんな時が来るなんて……

 

スタッフさんの掛け声に合わせて、パドルをあげて「イェーイ」とか、岩からの飛び込みとか、始終テンションが高いので、どのように反応すればいいのかいちいち考えてしまいます。正直、世界に誇る小歩危の激流よりも、断然難易度が高かったです。

 

でも、本当に楽しかったです。

それも、スタッフさんとリピーターの方が、すごく気を遣ってくれたから。ありがとうございます。

それにしても、若い時から毎回こんなテンションの週末を過ごしていたら、性格変わってたかも。

 

小歩危

  

上から見るのとは全然違い、落差があります。

ラフティングはスタッフさんが撮った写真しかないので、今回は写真はなしです。

(9月14~16日)