天幕ほしぞら

登山、カヤック、釣りの初心者がいろいろと模索するブログ。

旅をするように暮らしたら、毎日が旅になる。

海外旅行をするように

旅をするのが好きだ。

でも、不満なのは旅が非日常であること。

旅が終われば、元通りの生活が待っている。

 

それならば、海外旅行をするように生活すればいいのではないかと考えた。

 

旅先で観たいものや経験したいことをリストアップし、旅程を立てる。飛行機とバスを乗り継いで村に到着したら、拠点となる安宿を探す。スーパーで食料を買い出して、目的の氷河のあるトレッキングルートを歩く。ある日は、現地ツアーに参加してペンギンを見たり、贅沢をしてステーキを食べてみる。

満足したら次の目的地へと移動する。転々と、街から街へと移動し、新しい体験をする。

 

海外を旅するときと同じことを、日本でやるのだ。

 

日本のアウトドアフィールドを旅する

日本には世界に誇れる素晴らしいアウトドアフィールドがある。

北海道ニセコの雪質や沖縄の海の透明度はあまりにも有名だ。山陰や四国の海、紀伊の源流や東北の豊かな森……。挙げればいくらでも最高のフィールドがあって、それは3000キロの細長い列島のなかに点在している。

 

その極上のフィールドの近くに移り住み、暮らしてみるのだ。

登山、カヤック、釣りと現地ツアーを楽しんだら、次の土地へと移動する。

旅をするように、好奇心のまま、転々として暮らす。

そんなふうに旅をするように暮らしたら、旅が非日常から日常へと変わるかもしれない。

 

もし、その途中で、安住の地が見つかれば言うことはない。

「住みたいところに全部住んだうえで、いまのところに住んでいる」と思えたら、それは幸せなことだと思った。

 

日本縦断の旅

「旅をするように暮らす」方法のイメージはできた。

では、最初に住むべき場所はどこなのか。

 

そこで、アウトドアフィールドを見て回る旅に出た。

幸い20代の頃から写真を撮るために日本各地を旅したことがあって、フィールドの印象は頭のなかにある。

そのなかでも、強く印象に残っていた地域を巡った。

お金を節約するために、車で寝泊まりしながら、急ぎ足で回る。

北海道から沖縄まで縦断した。

そして、旅を終える頃には、心のなかでは住みたい場所が絞られた。

 

前ブログを復活させました

住む場所を決める「日本縦断の旅」と、すべてのキッカケとなった「世界一周の旅」について書いたブログを復活させました。

個人的な日記でほとんど役に立たない代物ですが、自分にとってはとても懐かしい記録。『天幕ほしぞら』の前ブログに当たります。

 

「海外アウトドア旅行」と「旅暮らし」 

 

これから同時更新しますので、よろしくお願いします。