天幕ほしぞら

旅を写真で綴るブログ

アウトドア旅仲間も募集|ユーコン川とJMTについて

海外アウトドア旅

こんにちは、ろくろうです。

夏の旅のことを少し考えています。

資金が微妙なので、行けるか行けないかはわかりませんが、準備を始めようと思います。

 

3つの候補

いま候補にしている行先は3つ。

ユーコン川…カナダのユーコン川付近の川をカヤックで下る旅
…湖をカヌーでめぐる旅
JMT…アメリカのジョン・ミューア・トレイルを歩く旅

 

ユーコン川

「ユーコン川」はカナダの北部にある川だ。ベースになる街まで飛行機を乗り継いでいくことになるが、旅行会社でガイド付きツアーもあるので比較的容易に行くことができる。

私は若い頃に野田知佑さんの本を読んで、ユーコン川に憧れた。そして、7年前にカナディアンカヌーで下った。私の場合はお金を節約したかったので、個人で手配して2名でガイド無しで下ったが、いま振り返ると、ガイドツアーに参加しても良かったとも思う。日本人のガイドがいたら不安はないし、食事やキャンプのやり方が勉強になっただろう。

今度は、前回とは違う川を下る予定でいる。その川のことは、ユーコンで出会ったドイツ人に聞いた。カヌーで下る間は暇でやることもないので釣りをすることになるのだが、聞くと爆釣だったそうだ。グレーリングをフライパンで炒めている様子の写真を見せてくれた。それを見て「次はここに行きたい」と思った。

もし、この川に行くなら、できれば仲間を作りたい。一人で行くのも捨てがたいけど、正直いって心細い気持ちもある。というのも、そのドイツ人が「魚はウジャウジャいたけど、熊もワラワラいたけどな」と笑っていたから……。それが嘘か本当かは置いておいて(笑)、2人以上で行くと食料を多く運べるし、色々とラクになるのが利点だ。

ユーコン川の地図

 

「湖」の旅は、かなり楽しい旅になると思う。場所はちょっと伏せておきたい。おそらく危険度は低く、技術も必要ない。ユーコンと同じで、2人以上になるとラクになる。一番のネックは英語力で、状況がよくわからない。

 

JMT

「JMT」は加藤則芳さんの本を読んで知った。JMTはアメリカにあるロングトレイルで、340キロを数週間かけて歩く旅になる。JMTは共同作業がないので、一人でもOK。

必要になる準備は、食料再補給の計画だと思う。それで、以前、JMTについてのガイドブックを取り寄せた。 

JMTのガイドブック

 

しかし、この本、パンパなく英語が難しい。英和辞書を引きながら読むんだけど、1時間で1ページしか進まない。ちなみに、この本は250ページある。仮に1日2時間セコセコ読んでも、1冊読み終えるのに4か月かかる計算。それで、数ページで挫折してしまった。

 

地図やベアキャニスターは、以前ヨセミテに行った帰りに買った。それ以来、押入れの天袋に死蔵してあった。ブログに載せるために、わざわざ取り出して写真を撮ってみた。また天袋に戻してある。 

地図とベアキャニスター

 

準備をはじめる

この3つのうち何をやるのかをまずは決めたい。

とりあえず、先日から「JMT」の本に再アタックしているが、難しさは依然変わらなかった……。

 

JMTの本

 

旅仲間も募集しています

ユーコンはカヤック、湖はカヌーを予定しています。2月末までには行先を決定したいと思います。場所によりますが、10日から14日間ほどの休みが必要です。

興味がある方はメールにて連絡ください。私も経験が少ないので、お気軽にどうぞ。

日本は自然にあふれる国ですが、世界にも驚くようなフィールドがたくさんあるみたいですね。上に挙げたような旅だけではなくて、少しずつステップアップして色々な旅にチャレンジできたらいいなと思っています。 

 

 

 

ユーコン漂流 (文春文庫)

ユーコン漂流 (文春文庫)

 
ジョン・ミューア・トレイルを行く―バックパッキング340キロ

ジョン・ミューア・トレイルを行く―バックパッキング340キロ