天幕ほしぞら

旅を写真で綴るブログ

澄み切った秋空の絶景。伊吹山【日本百名山】

秋空の伊吹山

荒島岳を下山し、夜のうちに伊吹山のふもとまで移動し車中泊しました。

そして、翌日は晴れ。

澄み切った秋空の下、伊吹山を登り始めました。

 

伊吹山(いぶきやま/標高1377m )は滋賀県と岐阜県にまたがる日本百名山です。

9合目まではドライブウェイが走っているので、容易に山頂へ登ることができます。 

僕は麓の駐車場に車を停めて、表登山道ルートを登りました。

 

登山道は、見晴らしのよい傾斜をひたすら登っていきます。

雲一つない空には鳶が数羽旋回し、パラグライダーも飛んでいました。

 

秋の伊吹山

伊吹山の登山道

伊吹山と琵琶湖

 

山頂でのんびりと1年を振り返る

遮るもののないゲレンデを登るような登山はとにかく退屈でした。あまりにつまらないので、下山時は走って下りたぐらいです。

 

でも、それを帳消しにするほどに、山頂からの景色が素晴らしかったです。

山頂からは、ぐるっと360度の景色が見渡せます。眼下にはブルーの琵琶湖が、遠くには雪化粧した山が見えました。

 

頂上の売店は、昭和のような風情。

山頂直下まで車で上がってこれるので、多くの人でにぎわっていました。でも、人は多いけれど、景色を眺めるための場所を確保するのは難しくありません。それだけ、山頂は広く開けています。ゆっくりと景色を眺めたり、山ごはんを食べたりするのに最高のロケーションです。

 

でも、秋の山頂は冷たい風が吹いているので注意が必要です。

ラーメンを作るために持ってきたストーブが暖を取るのに役立ちました。暖かい装備を充分に持って、山頂でゆっくりするのが良いと思います。

僕も、真っ青の空と琵琶湖を眺めながら、濃い時間を過ごしました。この数年間の出来事や今年のアウトドア生活について色々と考えました。

 

伊吹山の山頂と登山客

伊吹山の売店

伊吹山の売店

伊吹山と琵琶湖

琵琶湖を望む絶景が目前に広がっています。

 

関西からアクセスしやすい日本百名山

先日は、「今年中にアルプス以外の百名山を全て登るんだ」という方と出会いました。普通に仕事をしている人で、休日だけ使って登っているとか。一日に2つ登ることもあるらしいです。

 

僕はその方のような百名山ハンターではありませんが、やっぱり数が「百個」と決まっているとコンプリートしたくなるものですね。

百名山は晴れてさえいれば、後悔しない風景に出会えますし、多少遠くても出かけようという気になります。

 

今回は、荒島岳と伊吹山を登ったので、関西からアクセスしやすい日本百名山のなかで残っているのは、中国地方の大山、四国地方の石鎚山の二つになりました。

来年には、ぜひ登ってみたいですね。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

(2019年11月10日)

 

山と高原地図 御在所・霊仙・伊吹 (山と高原地図 45)

山と高原地図 御在所・霊仙・伊吹 (山と高原地図 45)

  • 作者: 
  • 出版社/メーカー: 昭文社
  • 発売日: 2019/02/15
  • メディア: 地図