天幕ほしぞら

旅を写真で綴るブログ

ロングトレイルを歩いたので装備・持ち物をまとめました。【大峯奥駈道~熊野古道中辺路】

ロングトレイル大峯奥駈道の装備

大峯奥駈道で背負ったバックパックとサコッシュ、トレッキングポール

 

ロングトレイルの装備・持ち物の紹介

2019年のゴールデンウィークは、以前から憧れていた大峯奥駈道と熊野古道中辺路を歩きました。奈良県の吉野を出発し、奥深き紀伊山地を駆け抜け、和歌山県の那智の海までの約130kmをテント泊縦走する旅です。

今回は、その旅で使用した装備・持ち物を紹介したいと思います。

 

「ロングトレイル」を歩くときの装備・持ち物は基本的に、「登山のテント泊縦走」とほぼ同じではないかと思いますが、私には本格的な縦走の経験がありません。(例えば北アルプスのような。) 

そこで今回は、国内外のロングトレイルやバックパッキングの経験をもとに装備・持ち物を決めました。

四国遍路と南米トレッキングの装備

四国遍路と南米トレッキングの装備

 

ウルトラライトな装備を意識しつつ、使わないものは絶対に持たないつもりで選択しましたが、終わってみると使わなかったものもあるので、そのあたりも参考にして頂ければ幸いです。

 

 

ロングトレイルの持ち物・装備(大峯奥駈道&中辺路編)

持ち物・装備が適切であったかを決める一番の要因となるのは気温です。

今年のゴールデンウィークの奈良県から和歌山県にかけての都市部の気温は半袖で過ごせるぐらいでした。しかし、トレイルは2000m弱の山を貫いているので、都市部とは違う服装が必要になります。

装備を決めるにあたっては、過去のブログと過去の気温を判断材料にしました。過去の気温とそのときの服装を参考に、今年の気温と比較したのです。そして、「今年はかなり寒くなる」との予想を立て、秋から冬にかけての装備に近いものを揃えました。

 

ロングトレイルの全装備

ロングトレイルの全装備

画像はザック以外の持ち物を集めたものです。

 

全装備リスト

ロングトレイル装備リスト表

 

身につけている物の重量は、約12.7kg。そこに、食料と水を足すと約21.3kgの総重量になりました。

水はおよそ3L持つことが多く、食料も日に日に少なくなるため、およそ18kg程度を背負っていたのかなと思います。

 

基本になる必需品の選び方

長距離を歩くロングトレイルで必要になるアイテムは基本的に登山用のものと同じです。

 

バックパック『グレゴリー/トリコニ60』

バックパックは60Lを選択。マットを中に収納する場合は、70~80L程度が必要になります。

 

シューズ『モントレイル/カルドラド アウトドライ』

靴は履き慣れている登山靴がベストだと思います。

でも、私は以前からトレランシューズを履いています。キャンプに行くときも、カヌーに行くときも、山登りも、いつもトレランシューズです。20kg程度を持つ場合は登山靴が必要と言われますが……。あまり必要性を感じないのと、値段が高すぎて躊躇しています。

トレランシューズのいい所は、足さばきが良いことと、足裏感覚があることです。

 

『大峯奥駈道~中辺路』の旅で役立った道具

『大峯奥駈道~中辺路』のロングトレイルで、役立った道具を紹介します。

 

ウルトラライトなテント『ビッグアグネス/フライクリークUL1EX』

大峯奥駈道には小屋があります。しかし、なかには、数人がやっと泊まれるような避難小屋も存在します。例えば、今回のようにゴールデンウィークに歩くとなると、人が増えますので、午後の早いうちには満杯ということにもなりかねません。

そこで、小屋を当てにせずに、テントを持つのがおすすめです。テントがあれば、どこにでも泊まれるという安心感も生まれます。

私のテントは、ビッグアグネスのフライクリークUL1EXのノーメッシュです。約1kgのダブルウォールテントは、荷物の軽量化に役立っています。

 

 

現在の後継機種は、こちらの『フライクリークHV UL1 EX』です。 

フライクリーク HV UL1 EX オリーブグリーン
 

 

コンパクトな浄水器『ソーヤー マイクロスクィーズフィルター SP2129』

途中の水場の水は、すべて浄水しました。

動物が多いところですので、万が一、糞や死骸などで水が汚染されている場合に備えて浄水しました。

以前使っていた浄水器も良かったのですが、今回の『ソーヤー マイクロスクィーズフィルター SP2129』も使いやすかったので、いずれ記事にしたいと思います。 

 

『新宮山彦ぐるーぷ』の地図

新宮山彦ぐるーぷの地図

新宮山彦ぐるーぷの地図

大峯奥駈道を歩くためのメインの地図としては、『山と高原地図 大峰山脈』を使用しました。

それとは別に、『新宮山彦ぐるーぷ』という団体が公開している地図を印刷して持ちました。こちらの地図には、地元ならではの情報が豊富に載っていて非常に助かりました。 フェイスブックのページから見られるようです。

 

ロングトレイルで便利な持ち物・装備

ロングトレイルを歩く際に無くてもいいけど、あると便利な持ち物・装備をいくつか紹介します。

 

ピロー『シートゥサミット エアロプレミアムピロー』

まくらです。ピローと言ってみたかっただけで、まくらです。はじめは「ピローなんてウルトラライトじゃない」と思っていたけど、なかなかどうして、あると快適なもので歩き疲れた夕時に横になると溶けました。 

SEA TO SUMMIT(シートゥサミット) エアロプレミアムピロー (レギュラー) ST81030 ネイビー
 

 

ソーラー付のランタン『ソーラーパフ』

ソーラー発電するランタンです。同じものをバックパックにつけている人を一人見かけました。ヘッドライトの予備電池を持つならソーラーランタンを持つという選択肢も良いと思います。とにかく、電池の残量を気にすることなく点けていられるのがミソ。災害時にも役に立つ便利なヤツです。

ソーラー関係では、折り畳み式ソーラーチャージャーをバックパックにぶら下げている人もいました。 

solar puff(ソーラーパフ) ソーラー式エコライト solar puff ソーラーパフ ウォームライト PUFF-15WL

solar puff(ソーラーパフ) ソーラー式エコライト solar puff ソーラーパフ ウォームライト PUFF-15WL

 

 

今回の旅で使わなかったモノたち

次はいらないかも 

アームウォーマー、マスク、コンタクトレンズ、ブロア、セーム皮、予備電池(ヘッドライト用)、予備SDカード、クリーム(日焼け後)、味噌汁

 

使わなかったけど必要な持ち物

ファーストエイド、ホイッスル、温度計付きコンパス

 

こうしてみると、必要な道具は厳選されてきました。あとは、いままで必要だと思っていたものを削る作業か、より軽い物への買い替えになってきます。

 

ロングトレイルの服装

服は気温に合わせればいいので、それほど迷うことはありません。

今回はあまりに荷物が重く、気温が読めなかったのでかなり迷いました。

 

それよりも問題なのは、帰りの服を持つか否かです。持てば安心だけど、それと引き換えに最終日まで重しとなり、日々私の体をむしばんでいきます。

結局、替えの服は3組もちました。

  • 「大峯奥駈道の予備」
  • 「中辺路からは観光客に配慮して」
  • 「電車に長時間乗るので帰りの服」

です。

 

ロングトレイルの食料計画

ロングトレイルの食料

ロングトレイル5泊6日分の食料

 

朝食

朝食はラーメン+魚肉ソーセージ1本のみ。すばやく出発するには、火を使わないのがベストですが、適当な食事が思いつかなかったのでこれにしました。

 

行動食(昼食)

1日分ごとに袋別けにした行動食

1日分ごとに袋別けにした行動食

一日の行動食は縦の一列分+飴です。カロリーメイト的なものとトレイルミックスを中心に、あとはおやつを用意。

足りないかなと思いましたが、意外と余ることが多かったです。

 

夕食

フリーズドライを食べます。基本、丼ものです。サンマのやつは、缶詰がレトルトになった感じですが、いまいち。イオン系トップバリュの牛丼が美味しかったです。味噌汁も持って行きましたが、鍋が一つのために面倒になって1度しか食べませんでした。

食後は行動食のところに写っているスティックコーヒーを1食分。嗜好品は重要です。一日の終わりにコーヒーを飲むと緊張が抜けました。

 

調理道具・燃料

コッフェルはチタンクッカー一つです。

重量に関わってくるガスは、万が一を考えて250缶を用意しました。

3食の食事とコーヒー一杯分の水を沸かしました。7日半で1/3程度余りました。

 

水の補給について

大峯奥駈道、中辺路ともに水の補給場所は少ないです。水場については、新宮山彦ぐるーぷの地図が詳しいです。水の補給についてはコチラの記事もご覧ください。

 

 

ロングトレイルのコスト

ロングトレイルを歩ている間は、当たり前ですがお金を使う場所はありませんでした。玉置神社では何か食べられるみたいでしたが、私は無補給なので確認しませんでした。自動販売機はあります。

 

結局、お金を使うのは、「食料」と「行きと帰りの交通費」だけでした。

 

ロングトレイルの装備・持ち物まとめ

大峯奥駈道を歩いたあとは、神戸にある約56kmのロングトレイル『六甲全山縦走路』を歩きました。

今後も装備・持ち物は厳選されていくと思いますので、このページで更新していきたいと思います。

最後まで読んで頂きましてありがとうございました。

 

関連記事

『大峯奥駈道~熊野古道中辺路 7泊8日テント泊縦走』

紀伊半島のど真ん中から太平洋へ。

大峯奥駈道と熊野古道中辺路の約130kmをテント泊縦走しました。終わってみるとあっという間でしたが、とても心に残る旅になりました。

お時間がありましたら、旅の様子もご覧ください!