天幕ほしぞら

ちょっといい山道具とフィールド情報

【Z7】登山用カメラにニコンZ7を選んだ理由 ファーストレビュー【作例あり】

f:id:rokuro690:20210909170213j:plain

登山用に『ニコンZ7』を買いました。

元職業写真人が「数あるカメラの中から、なぜ『ニコンZ7』を選んだのか?」

初めて撮ってきた写真と動画を交えながら、その理由を紹介したいと思います。

 

 

『Z7』の特徴と『Z7Ⅱ』との比較

ニコンZ7

 

ニコン Z7』は、フルサイズセンサーを積んだミラーレスカメラです。

イメージセンサーとは撮影素子のことで、その大きさで画質やボケ量などが変わってきます。コンデジは大体1型のセンサーを採用していることが多く、ミラーレス一眼レフになるとより大きなセンサーが搭載されます。小さいほうから、マイクロフォーサーズAPS-C<フルサイズというようにセンサーサイズが大きくなるにつれて、画質が良くなります。その分だけ、カメラのサイズも大きなものになります。

 

 

『Z7』のおもな特徴

有効画素数 4575万画素

ISO感度 64-25600

動画 4K30p、フルHD 120p

機能 5軸手ブレ補正

重量 675g

 

 

ニコンZシリーズの最上位機種『Z7Ⅱ』の前の機種ということで型落ちになります。

発売は2018年9月。「デジタルカメラグランプリ2019総合金賞」など各賞を受賞しているカメラです。

『Z7Ⅱ』と『Z7』は、同じセンサーと画像処理エンジンを採用しているので画質は変わりません。大きく違うのは、メモリーがダブルスロットになっていることです。仕事で使うなら必要な機能ですが、僕は価格的に手が出せなかったので『Z7』にしました。

 

ニコンZ7

 

ニコンの本気カメラ『Z7』を選んだ4つの理由

予算は、気合いを入れてレンズ込みで20万円ということで、候補にしたのは、ソニーのα6600とα7C、富士のX-T4、パナソニックのGH5Ⅱ、オリンパスのE-M1 Mark II、キャノンのEOS R、ニコンのZ6とZ7でした。

 

そのなかで、今回は初めて「本気カメラ」とも言えるようなフルサイズ機を購入したわけですが、カメラが初心者なのかというとそうではなくて、フィルムカメラ時代は職業写真人でした。なので、35mm~4×5までかなりの量の機材を所有していたことがあります。

それはだいぶ昔の話なのですが、カメラがフィルムからデジタルに変わっても、カメラ選びで重視したいのは「画質」、「ファインダー」、「操作性」、「防塵防滴」の4点です。

 

フルサイズならではの画質

なぜ『Z7』を選んだのか。一つ目の理由は、画質を上げたかったからです。

「もうちょっと、綺麗に写ってたらなあ」という単純な理由ですね。

以前使っていたマイクロフォーサーズAPS-Cカメラは良いカメラだったのですが、写真の画質に不満を感じることがたまにありました。

 

マイクロフォーサーズカメラの『パナソニックGX7MK2』で撮ったものと『Z7』で撮ったものを交互に載せます。

 

f:id:rokuro690:20210914182258p:plain

Panasonic LUMIX DMC-GX7MK2, LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.

Nikon Z7, NIKKOR Z 24-70mm f/4 S

Panasonic LUMIX DMC-GX7MK2, LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.

Nikon Z7, NIKKOR Z 24-70mm f/4 S

今回は時間の余裕がなかったので、同じ物を撮って比較することはできませんでした。

レンズはキットレンズの『24-70mm F4』です。『GX7MK2』もキットレンズの『12-32mm F3.5-5.6』を使用しています。

カメラの設定は買ったまま。画像はほぼJPEGの撮って出しで、パソコンで露出不足を補正したものがあります。

 

僕が今回フルサイズ初心者として、とても驚いたのがこのショット。

f:id:rokuro690:20210914182549j:plain

Nikon Z7, NIKKOR Z 24-70mm f/4 S

 

この2枚の写真は別に撮ったものではありません。上の画像を切り出して、アップにしたものです。見事に花の中心部分まで繊細に結像してます。「ここまで写るか」と思いました。

ブログやSNSに写真を載せるくらいなら、マイクロフォーサーズでもまったく問題ないんですけど、この描写性能を見てフルサイズを買って良かったと思いました。

 

快適な操作性

Nikon Z7, NIKKOR Z 24-70mm f/4 S

カメラにおいては、ボディのサイズ、持ちやすさ、操作系のしやすさはとても重要な要素です。

その点で、ニコンは昔から道具としての作りの良さを感じます。

動画を見て頂くとわかりやすいと思いますが、グリップは深めで握りやすいデザインです。ボディがコンパクトだと小指が余るものですが、それもありません。ズシリとした重さは感じますが、手のひらにしっかりと収まってくれます。

ジョイスティックが丁度親指のところにあって、ピントを合わせる位置を移動できるのが良いですね。各種ボタンは人差し指と親指でストレスなく操作できる場所に配置されています。

「道具」というものは、やっぱり使いやすさが一番だなと改めて思います。

 

クリアなファインダー

Nikon Z7, NIKKOR Z 24-70mm f/4 S

今回一番の決め手はファインダーです。

時代が変わっても、やっぱりカメラはファインダーが命です。ピントが合っているのか合ってないのかわからないようなファインダーだと、運まかせになってしまいます。

EVFは見にくいものが多いですが、ニコンのファインダーはクリアで非常に見やすいです。画面が広く、四角の隅々まできれいに見えます。

可能であれば、カメラ店で各社の製品を見比べてみてください。カメラによって差があるのがわかると思います。

 

Nikon Z7, NIKKOR Z 24-70mm f/4 S

マイクロフォーサーズくらいなら被写界深度が深いので、背面液晶のタッチAFでピントを合わせてもピントがきてくれます。これまでのブログの写真はそうやって撮っていたんですが、APS-Cからフルサイズになってくるとピントが浅いので、ファインダー性能が非常に重要になってくると思います。

特に屋外においては、背面液晶が太陽の反射で見にくくなるので、ファインダーは必須です。

また、眼鏡を着用していると、カメラによって見えやすさが違う点にも注意したいです。

 

ファインダーに限ったことではありませんが、一見似通った競合機のように見えて実は使い辛い機種というのはあると思います。

 

あると安心な防塵防滴性能

Nikon Z7, NIKKOR Z 24-70mm f/4 S

実は僕は雨のなかでカメラを壊したことが2度あります。

いま使っているカメラも雨にぬらして、半日反応しなくなったことも……。

アウトドアで写真を撮っていると、ポツポツと雨が降り出すことってよくありますよね。そういうときは、カメラを壊したくないので、しぶしぶザックの中に仕舞うことになります。でも、僕は面倒くさいのでそのまま撮ってしまったりします。すると、普通に壊れてしまうのです。

カメラに防塵防滴は標準装備にしてほしいですね。みんなが防塵防滴のカメラしか買わなくなったらメーカーも考えると思うんですけどね(笑)

 

Z7で初めて撮ってきた動画の紹介

動画を作ったので、ぜひご覧ください。

動画は4Kで撮り、フルHDで書き出しています。4Kで仕上がったものが見たいものですが、カメラの性能が上がると、パソコンその他の性能も上げなければいけないのは頭が痛いですね。コストも桁違いと感じます。

そういう意味でも、『Z7』は「本気のカメラ」だなと思います。

 

※4Kで再アップしました!

www.youtube.com

初めての撮影を終えて

個人的なことをいうと、純粋に写真を撮るためだけに出かけたのはン十年ぶりでした。

昔は毎日が「撮影」してるか「暗室」に入っているかというような写真漬けでしたが、いまでは登山の記念写真を撮るだけです。

でも、その間にカメラの性能は上がっていて、昔はできなかったこと、例えば思い出を思い出以上の画質で残すようなことが可能な時代になっているんですね。

 

実を言うと、予算は大幅に越えてしまって、僕が買ったときはキットレンズセットで約26万円でした。本当は『Z6』を買うつもりだったんですけど、土壇場で『Z7』にしてしまったんです。

メチャクチャ高い買い物でしたけど、のど元過ぎれば何とやら……。もう手元にカメラはある状態なので、これから1か月くらい使ってみて改めてレビューしたいと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました。