天幕ほしぞら

旅を写真で綴るブログ

この夏、人生が変わる旅

夏休みが終わって

学生の頃。

夏休みが終わって学校が再開し、久しぶりに教室に入るときは緊張したものです。

久しぶりに顔を合わせる同級生たちと、夏休み前と変わらずお付き合いができるのか不安なんですね。

 

いざ教室に入り見回してみると、真っ黒に日焼けしている人や髪型が変わっている人がチラホラ……。

夏休みの間にいろいろあったのかなと思いつつも、話していると夏休み前と変わらない友人たちがいて、ホッとしたものです。

 

そんな中で、高校生のある夏休みの後に、雰囲気がガラリと変わった同級生がいたことを思い出します。

以前は無口で目立たない感じだったけど、それを微塵も感じさせないような堂々とした振る舞いをしています。

「こんな人だったけ?」

私は、以前の彼を想像できないような変わり様に衝撃を受けました。

 

きっと、夏休みの間に、彼の人生を大きく変えた「事件」があったんだろうなと私は思いました。

親しい同級生ではなかったのでその真相は謎なのですが、おそらく「実に羨ましい出来事」があったに違いないと想像したものです(笑)

 

そんな夏休みも、大人になると「お盆休み」と名前を変えてしまいます。

それでも、私は夏が来るとワクワクします。それは、あのときの出来事があったからかもしれません。

いまでも、夏には何か特別な体験をして、何かが変わることを期待しているのです。

 

ひと足先に夏休みを終えました

というわけで、世の中は「お盆休み」の真っ最中ですが、私は一足先に夏休みを終えました。

私の夏休みは、間を挟んでトータルで約3週間ありました。

本当はこの夏はブログで人を募って、「海外の川を下りたい」と思っていたのですが、休みの間に外せない用事があったので充分な日数が確保できずに国内の旅に切り替えました。

 

でも、この夏は海外の旅に勝るとも劣らないような良い旅ができました。

「人生が変わる」というと大げさですが、今後の人生のあり方を考えさせるような旅になりました。

 

具体的には、登山2年目にして初めての『北アルプス』を経験しました。

北アルプスといえば登山愛好家の憧れの山域です。でも、私は登山雑誌をめくってみても、惹かれるものがありませんでした。いま思えば、まだ身も心も捧げるほど、登山にハマっていなかったのかもしれません。

でもこの夏に、『裏銀座』『表銀座』と呼ばれるルートをテント泊縦走し、また日本最後の秘境とも言われる『雲ノ平』を周回してきて、「ちょっとヤバいな」と思ってます。

今度こそ、本当に登山にハマってしまったかもしれません。

関西に引っ越して間もないのに、いますぐ信州に引っ越したい気持ちです。

 

憧れのロングトレイル

そして、この夏はもう一つ旅をしました。

日本代表するロングトレイルである『信越トレイル』を歩きました。

 

私が「人生で一度は歩きたい」と思っていた国内のロングトレイルは5つあります。

そのうちの二つはすでに歩いた『四国遍路』と『大峯奥駈道』です。

そして、今回はその3つ目となる『信越トレイル』を歩いてきました。

 

想像と現実は異なるものですね。

実際に歩いてみると、私が抱いていたイメージとは全く違うルートでした。暑い、暑い夏のトレイルでした。

 

この夏の『北アルプス』と『信越トレイル』の旅は後日記事にするので、お暇なときに読んで下さるとうれしいです。

 

ブログで旅仲間を募る

このブログでは旅仲間を募集しています。

もしブログを読んで興味を持たれた方がいらっしゃいましたら、『ブログについて』のページに連絡先を載せていますので、ぜひお気軽にメールをください。

人生残りわずか。

心から感動する旅をしましょう。