天幕ほしぞら

登山、カヤック、釣りの初心者がいろいろと模索するブログ。

「人付き合い」が苦手なまま30年経ってわかったこと

苦手な人付き合い

何をしても心から楽しめていない気がする。

若い頃から、ずっとそうだった。

大好きなキャンプや海外旅行に出かけるとき、普通ならワクワクするような出来事があっても、心から楽しめていない。 

そんなときぼくが何を考えているかというと、苦手な人付き合いのことだ。

 

人付き合いを克服しなければ、生きていけない

ぼくは20代の頃、人付き合いが苦手で、人間関係がうまくいかなくなるたびに仕事を変えていた。はじめは我慢して勤めていたが、そのうちに1週間で辞め、仕舞いには1日で辞めるようになった。

次第に面接に行くことも苦になった。面接で「どうしてすぐに仕事をやめるのか」と聞かれても説明が出来なかったからだ。

円形脱毛症になり、何か所も髪の毛が抜けた。朝起きられなくなり、遅刻を繰り返した。もうダメだと思って、神経症の病院に飛び込んだ。

仕事を諦め、家にあるモノを売ったりして食いつないだ。困窮して、帰りたくない実家に転がり込むこともあった。

 

歳を取り、若い頃のような目に見えるような苦しみはなくなった。

それでも、「人付き合いを克服すること」が最重要課題であることだけは変わらない。人付き合いを克服しなければ、金を稼げない。生きていけない。恐怖として心にこびりついている。 

だから、せっかく遊びに行っても「金を稼げない自分が遊んでいてもいいのか」と思ってしまい、純粋に楽しめないのだ。

 

人付き合いを諦める

・自分の意見を主張できない。

・他人の意見に合わせてしまう。

・同僚と雑談ができない。

・周りの目が気になる。

 

中学生の頃から沢山悩んできた。

そして、30年が経ちわかったことは、どれだけ悩んで考えても、人付き合いができるようにはならなかったということだ。そして、これから先も同じように、どれだけ悩んで考えても劇的に変わるとは思えないということ。

 

だから、ぼくはいま、人と仲良くなることを諦めたらいいのではないかと考えている。一日誰とも話さないことで嫌われても仕方がない。そこに居づらくなったら去ればいい。バイトでも、趣味のサークルでも転々とすればいい。

すべての人とうまく付き合えることはない。自分が好きなことをして、それを同じように好きな人と出会えればいいのだ。 

そう考えたら、少し気が楽になった。