天幕ほしぞら

登山、カヤック、釣りの初心者がいろいろと模索するブログ。

「旅暮らし」がはじまった。紀伊半島の物件を見学。

コミュ障は都会に住むほうがいい

日本縦断の旅をして「住みたい場所」は決まっていたが、事情で住み慣れた関東に移った。

 

関東は人が多いから居心地が良い。

人付き合いが苦手な人は田舎が向いていると見られがちだが、そうではない。人が少ないからこそ、人の目が常にあり、噂話の対象になる。

逆に、都会の人は他人に無関心でいてくれる(放っておいてくれる)し、自分が浮いていても人の中に紛れられるからラクに生きられる。

 

1年だけの寄り道の予定が、ついズルズルと引伸ばして半年もオーバーしてしまった。

 

もうそろそろ出発しないといけない。

残りの人生は短い。いつ終わってしまうかもわからない。

 

紀伊の物件を見る

紀伊地方にある物件(アパート)を見に行った。

アパートは住宅街にあったが、周辺はのんびりとした印象だった。

交通量は少なく、歩いている人もあまり見かけない。畑が広がり、空が広い。

アパートを見せてくれた人が、聞き慣れない訛りだった。テレビで聞く関西弁よりももっと穏やかな印象。耳に心地良いトーン。一方で、自分のテリトリー外にいる緊張も感じた。

 

アウトドアフィールドは、現在よりも近くなるのは嬉しい。

だが、まだ遠すぎる。

この物件を踏み台に、もっと近くに移り住むしかないだろう。

 

アパートの近くの川は桜が咲いていた。その下で弁当を食べた。

パートナーのTは気に入ったようだ。

紀伊で一緒に住めば、生活が楽になる。付いていくのもアリだと思っているようだ。

ぼくも、バイトの薄給では生きていくのが辛い。アウトドアの活動費も賄えない。

(4月)