天幕ほしぞら

登山、カヤックの初心者が極上のフィールドを旅して、暮らす。

寝袋を布団代わりにして一年間試してみた

1年間寝袋で寝てみた

関東に引っ越してきてからの一年間は寝袋で寝ている。

ミニマリストのように、「モノを最小限にしよう」と考えているわけではない。

休日のアウトドアに行くときだけしか寝袋を使わないのは、その値段を考慮するともったいない気がしたからだ。

 

布団は、枕付き3点セットで5000円。寝袋はホームセンターで買えるような封筒型で夏用が2000円、厚手の冬用が3000円以上する。登山用のマミー型に至っては、数万円することもある。

これは使わないともったいない。

 

 

寝袋で寝るメリット

ぼくが使っているのは、オートキャンプや車中泊で使っている封筒型のものだ。

サーマレストのリッジレスト(マット)を敷き、冬は、夏用と冬用を2重にしている。さらに寒いときはマミー型を足して3重にすれば最強ぬくぬくシステムが完成する。

枕はバスタオル2枚も試したが、座布団を二つ折にすると寝返りが打てるので丁度いい。

 

寝心地はキャンプで寝る感じに近い。

ぼくはフローリングの上でも寝られるが、畳の上ならさらに寝やすい。アウトドアでは地面のでこぼこが夢の中でも気になったりするが、そういうことはない。逆に、地面がフラットであることに違和感があるくらいだ。

そして、寝袋に潜り込むときの、あのワクワクする感じ。包まれる安心感。これは布団にはない幸せ。冬用の寝袋は肌触りが柔らかくて気持ちがいい。

 

何よりうれしいのは、寝袋は手間がかからないことだ。

畳むときに場所を取らない。2回パタパタと畳んで、マットをくるくる巻けば終了。

そして、軽くて小さいから干すのも楽々。シャツを干すぐらいの気楽な気持ちで干せる。

 

1年間寝袋で寝てみて、布団の大きさと重さに、毎日大きなストレスを感じていたことに気づいた。

コンパクトな寝袋がもたらしてくれる開放感からは、もう抜けられないかもしれない。

 

 

関連する記事